小室歯科。天王寺・難波にある歯医者。

小室歯科ロゴ

ブラッシング

歯みがきについて

・歯ブラシの持ち方は鉛筆を持つように

歯ブラシの持ち方は基本的に鉛筆を持つように持ちます。
これが一番力が入らず、ブラシのコシで歯垢が効率良く取れますし、
歯ぐきにとっても優しくみがけるのです。
力が入ってしまうと磨いた気分にはなりますが、
歯垢を取り残すことが多いのです。

・歯ブラシの動きは優しく小刻みに

1~2歯ずつみがく感じで小刻み(1~2ミリ幅)にハブラシを動かします。
小刻みに動かすことで歯と歯の間や
歯と歯ぐきの間の汚れをしっかり落とすことができます。

・歯をみがくタイミング

一番大切なのは、「寝る前に歯を磨く」ことです。
唾液には細菌の増殖を抑え、歯を守る作用がありますが、
寝ている間は唾液の出る量がガクッと減ってしまいます。
そのため、寝ている間に細菌は増殖し、虫歯や歯周病が進行してしまいます。
それを防ぐためには、寝る前にしっかりとプラークコントロールを行って
細菌の数を減らしておくことが非常に重要です

歯ブラシの選び方

・ブラシの大きさ

ブラシの大きさは歯の2本分が目安です。
大きいものは口の中で動かしにくく、届かない場所が多くなるからです。

・硬さにも注意

歯垢をとるには、硬めのものが効率がよいのですが、
歯に炎症が起きているときは柔らかめのものにし、
治り具合によって徐々に硬いものに替えていきます。

・交換時期は1ヶ月が目安

歯ブラシにも細菌は繁殖します。
使用頻度に関わらず、1ヶ月で交換するのをおすすめします。
また、毛先が開いていなくても1ヶ月も経つと弾力は低下し、
歯垢を取り除く効果が著しく低下していきます。
1ヶ月で歯ブラシが開いてしまう場合は力が強すぎるので、
軽い力でみがくようにしましょう。