小室歯科。天王寺・難波にある歯医者。

小室歯科ロゴ

歯間ブラシ

歯と歯の間の歯垢は、歯ブラシでは完全に取り除くことは出来ません。
歯間の清掃には、歯間ブラシという専用のブラシを使います。
歯間の広さによって歯間ブラシのサイズを選んで下さい。 歯間ブラシには1(SSS)から5(L)まで様々なサイズがあります。
お口の中の状況も一人一人違います。 ご自分の歯ぐきの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。
歯間ブラシを選ぶ時の一つの目安として、歯間ブラシを挿入した時、 無理なく(抵抗なく)動かせるサイズを選ぶようにしてください。
また、サイズ1(SSS)が挿入できない時はデンタルフロスを使用してください。

歯間ブラシの使い方

  1. 歯間部にゆっくり歯間ブラシを挿入して、前後に数回動かしてください。
  2. 歯間ブラシを使った後、口をすすいでください。
    また、歯間ブラシは流水でブラシ部分をよく洗って、乾燥させてください

デンタルフロスの使い方

  1. デンタルフロスを40~50cmくらいの長さに切り取ります。
  2. 右手中指と左手中指に巻きつけます。
  3. 両手の中指のあいだが10cmくらいのところで巻きつけるのをやめ、
    人差し指と親指で糸をつまみます。
    その際、つまんだ指先と指先のあいだが1.5~2cmぐらいになるように調整します。
  4. 人差し指と親指を使って、デンタルフロスを歯と歯の間にゆっくり挿入します。
  5. 歯と歯がきつく接している箇所を通過したら、
    デンタルフロスを片側の面にピッタリ当てながら
    歯ぐきの下1-2mmのところまで入れます。
  6. デンタルフロスが「C」型になるようにして歯を包み込み、
    デンタルフロスを上下に何度か移動させます。
  7. 挿入のときと同じくゆっくりとデンタルフロスをはずします

当サイト内の自由診療項目について

■通常必要とされる治療内容、費用などについて
矯正治療、審美治療等は基本的に保険適用外診療となります。即ち、患者さんが全額負担する自費診療となります。治療内容等については各治療項目、Q&A等に記載されていますが、ご不明点がおありでしたら、お気軽に当院へお問い合わせ下さい。

■治療リスク・副作用について
安全、安心、長期安定な医療に全力を尽くしますが、しかし残念ながら医療は本質的に不確実・不確定なもので、例えば脱離(取れる)、破損(壊れる)、破折(歯が折れる)、再発(再発病)等全ての医療にはリスクがともないます。予想されるリスク、薬剤使用時の副作用等については、ご予約で来院の上、お気軽に歯科医師までご相談下さい。

■お問い合わせ
小室歯科 ミオプラザ診療所:06-6779-7082 / ミオ診療所:06-6770-1182 / 難波診療所:06-6644-5661